おおまかな初期症状 | 性病かもと思ったら?治療薬で治してしまいましょう! menu

おおまかな初期症状

カラフルな薬

主な性病は5個あります。
淋病、クラミジア、尖圭コンジローマ、梅毒、性器ヘルペスです。

これらは基本的に粘膜を介して感染するために、通常生きているだけでは絶対に感染しないものです。
しかし、セックスというのは粘膜を互いにこすりつけあっているようなものです。
どちらかが性病を持っていた場合には絶対に感染すると考えてもおかしくはありません。

男性の場合は性機能が無くなるという「男の楽しさ」を失う結果で済む場合もありますが、女性の場合はこどもができなくなってしまうという悲惨な結果を招くこともあります。
そのために、自覚症状がでたのであれば絶対にそれを放置していてはいけません。
自分の中で放置していては後々の影響というのは莫大かつ膨大なものになります。
絶対に放置しないでください。

基本的に共通する初期症状としては、
女性の場合は、織物の変化、下腹部のいたみ、性器そのもののかゆみや痛み、不自然なイボ、風邪のような症状があります。

男性の場合は排尿時の痛みや膿、尿道の不快感、睾丸の違和感や腫れ、亀頭の変化(赤くなったり痒くなったり)、不自然なイボ、風邪のような症状。

上記のような症状が出た場合には早急に病院へ向かってください。
気づいた時にはもう遅い。という展開にならないためにも絶対に性病を軽いものとして受け止めてはいけません。
今では治療薬が発展しているために早期発見ができれば簡単に治せるのですから。