menu

いらないものは捨てよう

青い皿に入っている白いカプセル

性病は治せるもの

性病というのは我々の身近にある病気です。
というのも、若い内というのはセックスの連続です。
そのパートナーが一人の人もいれば、不特定多数との関係を持っているという人もいるでしょう。
後者の生き方をしている場合にはどうしても性病のリスクというのは切っても切れない関係にあります。
実際に性病は他人事だと思っていた時期が筆者にもありました。
しかし、私達のような俗に言う「遊び人」というのは、相手もまた「遊び人」である場合が多いです。
処女や童貞ばかりを好んでパートナーにする人でない限り、性病にかかる心配があるというのは常にココロの片隅においておかなければいけません。
そのような生き方というのは非常に楽しいものですが、性病というのはその楽しさを根こそぎ奪い取っていきます。
だってセックスする時にナニがめちゃくちゃ痛いんですよ?
ほんとに萎えるを通り越して悟りを開いてしまいそうになります。
しかし、性欲というのは簡単に悟りを開かせてはくれません。
セックスすることに対する執着はそうすぐに捨てられません。というか捨てようと思いませんよね。
その場合には自分の性病に合った治療薬を飲んで好きなだけまたセックス漬けの生活に戻りましょう。


まだ若いんだから

セックスというのは非常に魅力的なものです。
男性であれば、元気であるうちはいつまでもセックスをしていたいと願うほどに男というのは下半身にその思考回路を支配されています。
そんな簡単なことがわかっていても、性欲の呪縛からは逃れることができません。
むしろ性欲が与える快感という蜜に私達の頭というのは支配されています。

別にいいんじゃないですか?
性欲があるかぎり、ナニは元気であり続けます。その結果がどういう快感を生み出してくれるのかということは非常にわかりやすいものではないでしょうか?
結局なにも考えずに性欲に身を任せてしまったほうが楽というものです。
隣で裸で女の子が寝ていた場合に耐えられる男などいません。
結局どうしてもエロいこと、つまりセックスに行き着くのです。
その結果が決まっているのならば、性病の対策さえしていれば良いのです。
コンドームのないところにセックスはありません。
その日だけのパートナーと生のセックスというのは非常にリスキーです。
人生ゲームでラスベガスゾーンに行くぐらいにはリスキーな選択肢です。
もし子供ができた、なんて言われたらどうしますか?
というかそういった相手というのは他でも生でセックスしているために連絡がつく相手に片っ端から子供ができたと言っているものです。
その際に「いや俺コンドームしてたじゃん」と言えるようなセックスをしましょう。
性病やその治療以前にその人と衣装をともにしないといけなくなるかもしれませんよ。

性病にならないためにも

遊びの関係というのは非常に大切です。
とはいえそれも若いうちだけです。
人は不特定多数の人間と関わり合うことにより、人間に対する価値観というものを養います。
しかし、30代40代になってから、「価値観を磨く」とか言いながら不特定多数の相手とセックスしているような人間を誰が信じることができるでしょうか。

風俗も性病に関しては気をつけなければいけません。
彼女たちはお店が定期的に性病の検査をしているからと言って、自分の前の客が性病持ちだった場合に、そのまま間接的に性病を映されてしまいます。
アルコールがナニに染み出したら危険なサインです。結局自分の性病は自分で判断するしかありません。
その中でどの性病かを見分けるのは医者の約目です。
あとは治療薬を飲んでまた楽しいセックスライフに戻れば良いのです。

若くてモテる時代というのは一種の全能感に満たされています。
全ての女性をまるで自分のものであるかのように簡単に口説き落としそのままホテルへ。
なんてことも難しくなく行えるからこそ怖いのです。
人間がドジをするときというのは基本的に「慢心」に支配されている時です。
あなたが持つ全能感というのは本物の全能感では無いのです。
単純に今は全てのセックスがスムーズに噛み合っているだけのことなのです。
性病対策と性病治療薬は欠かさないようにしなければ気付けば八方塞がりというのもあります。
というか殆どの確率でそうなります。
「自分だけは大丈夫」という思考は性病においては意味をなさない思考なのです。
自分を守るのは自分だけということをお忘れなく。
行きずりの相手は自分が性病であるということなど言ってはくれませんよ。

コンテンツ一覧

散らばっている薬のパッケージ

「性病かもと思ったら?治療薬で治してしまいましょう!」のコンテンツ一覧です。

read more »

性病についての意識を

並んでいる薬のパッケージ

いくつかの性病を紹介し、それに治療薬があることは治療しない場合にとても悲惨な結果になてしまうことを紹介しました。あなたの意識は少しは変わったでしょうか?自分の中の性病に対する意識を変えなければ感染し続けます。

read more »